楽歩堂のオリジナルコスメ作りにチャレンジ

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

 

今回はHOMAの中で、Flowを使ってクリームづくりに挑戦しました。

 

【Flow(緑色の瓶)の特徴】

  • 『足と靴の専門家』が選んだアロママッサージオイル
  • HOMAのなかで最も精油のブレンド数が多い21種類を配合
  • 血流やリンパの流れを良くしデトックスに
  • 冷えやむくみにも

 

【作り方】

1.50mlビーカーに、HOMA Flow(10g)・①パーム乳化ワックス(2g)・②精製のミツロウ(2g)をいれ、①と②が完全に溶けるまでレンジで温める。

2.もうひとつの50mlビーカーで、精製水(30g)も温め、1のビーカーに少しずつ加えながら、ミニ泡だて器でしっかり混ぜる。

3.2がクリーム状になってきたら、HOMA Flow2滴を加えミニへらで全体をよく混ぜる。

4.50mlガラスクリーム容器に移し入れ、日付と材料を記入したラベルシールを貼る。

5.勿体無いので使っちゃう♡

【使った感想】

「ホントにクリームだぁ~」「軽ぅ~い」「のびる~」「コスパいい~」「肌の色が変わった~」その他。

 

小分けにしてプレゼントにも♪

 

【HOMAの特徴】

フランスで精製された高品質のホホバオイル95%に、精油を5%配合。
この配合は精油率が高くアロマ効果を実感できます。
ローズアブソリュート・カモミールローマン・ジュニパーベリーなど高価な精油も配合し、ランクアップテラピーが味わえます。
精油のブレンド数も多く、高い相乗効果が期待できます。
また、スポーツアロマの配合に近く、健康へ導くアロマともいわれています。

▲注意▲

3歳以上から使用可能です。
妊娠中はお勧めできません。
目・花・口などの粘膜や外傷部分以外に、使用可能です。

ご購入は、お近くの楽歩堂にて(*´▽`*)

 

みなさんも、楽しいHOMA情報がありましたら、ぜひ教えてくださいね。
売場にて、お待ちしております。

 

参考
株式会社 生活の木,ビギナーでも楽しめるナチュラルコスメBOOK,2012.
株式会社 楽歩堂,楽歩堂通信2019春夏号,2019.

 

 

 

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら

モルゲンロートとアーベントロート

楽歩堂ファンの皆様こんにちは。

 

秋も一段と深まり、陽だまりの恋しい季節になってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今年の紅葉は、例年よりも色づきが遅かったので、真っ赤なモミジを見ると一層ウキウキしてきますよね。

 

今回は陽の光を浴びた山の表情について書きます。

私は幼いころから妙義山を見ながら生活してきましたので、朝日や夕日で山肌の色が変化したからといって、さほどの意識もなく過ごしてきました。

・・・このモルゲンロートを見るまでは!

 

それは、唐沢カールのテント場から眺めたモルゲンロートです。

夜明け前から待って待って、ついに、キター(≧▽≦)!

ピンク色に染まる北アルプスの山々は、神々しく美しかったんです!

やがていつもの色に変わっていきました。

 

こちらは男体山のモルゲンロートです。

昼間の男体山です。

 

最後は榛名富士のアーベントロートです。

夕日と紅葉で鮮やかなオレンジ色でした。

昼間の榛名富士です。

 

時間によっていろんな色に映る山々を楽しみました。

 

さて次は、どこに行こうかな♪

 

 

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら

秋彩の楽しい季節になりました!

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

今年は山々の紅葉も「10日ほど遅れている」等といわれていましたが、10月に入ると山頂から徐々に色付き始めましたね。
私も彼方此方で満喫中です。

なかでも『谷川岳の山頂付近の紅葉』は、念願だったので嬉しかったです。
肩の小屋の奥様から、昨年一泊お世話になった時に「9月末がキレイだよ」と教えてもらっていたので、今年こそはとホームページもチェックしていたんですよ。
楽歩堂のお客様でもあるので、とても親しみを感じています。

それから、憧れの『紅葉の唐沢カール』にも行きました。
「日本一の山岳紅葉」とも「一生に一度は見るべき」ともいわれる景色を満喫してきました。
夕焼けの唐沢カール、山小屋から見下ろすテント場の夜景、夜明け前の満天の星空、ダウンを着込んで見たモルゲンロート(朝焼け)、登山道を彩るとりどりの紅葉、その他・・・最高でした。

赤城の角満淵の草紅葉も、まさに黄金色の時に見ることができました。

日光中禅寺湖の外輪山で、紅葉シーズンに人気の『社山』も、とても気持ち良かったです。

里山の紅葉は、まだまだこれからですね。

楽しく歩いて秋彩にh0っとする時間も、まだまだ楽しめそうですね♪

 

愛用中のトレッキングシューズとオーダーインソール

LOWAレネゲードGT MID

memoteck Every more

 

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら

山からの眺めを楽しんできました。

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

今日は、先日歩いた山からの景色をご紹介いたします。

金精山から温泉ヶ岳までを歩いたのですが、この2座は、群馬県と栃木県の百名山でもあります。
標高は2.200~2.300mほどで、累積の登り標高は750mほどでした。ロープやハシゴ、木の枝などを伝って急坂を登って行くので、アスレチック感覚も味わいながら歩けました。
金精山の山頂からは、男体山や湯ノ湖などを眺めることができました。

湿原も、秋の装いを始めた様子でした。

金精山から金精峠を超え、温泉ヶ岳に向かう途中の見晴らし地点からは、上州武尊、谷川連峰、菅沼などが見えました。
まだまだ木々は青々としていますが、1カ月もすれば、とりどりの紅葉色が楽しめるそうです。

また、シャクナゲも多く、花の時期には、ピンク色の花びらがひらひらと登山道を和ませてくれるそうです。
温泉ヶ岳の山頂からは、根名草山や遠くの山々が見え、燧ヶ岳などとのことでした。

約5㎞の山歩きで群馬県側や栃木県側の山々を堪能することができました。

これから紅葉が始まり、その次は遠望のきく冬がやってきます。
少しずついろんなところを歩きながら、四季を楽しんでいけたら嬉しいです。

 

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら

残暑のご挨拶

楽歩堂ファンの皆様

残暑お見舞い申し上げます

 

厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

お盆過ぎからは「心が秋」と仰って、短靴をご覧になる方も増えてまいりました。
「心が秋」だなんてオツなお言葉ですよね。

 

私も先日「心が秋」を感じてまいりました。
ぐんま百名山でもある篭ノ登山に行った時に、マツムシソウが咲いていたんです。

花名の由来は、マツムシ(スズムシ)の鳴く季節に咲くことからだそうです。
マツムシといえば、コオロギの仲間で季節は秋ですね。
童謡も思い出されますね。

 

あれ 松虫が鳴いている
ちんちろちんちろ ちんちろりん
あれ 鈴虫も鳴き出した
りんりんりんりん りいんりん
秋の夜長を 鳴き通す
ああ おもしろい虫のこえ 

(『虫の声』/日本伝統曲)

 

山の、短い夏の終わりと、秋の訪れを味わいました。

 

とはいえ、まだまだ暑さも続きそうです。
くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

 

 

本日も愛用の商品

●左足の膝に巻いているサポーター
ゲニュトレイン

●右足の足首に巻いているサポーター
マレオトレイン

●洋服の中に巻いている腰のサポーター
ルンボトレイン

下記のモバイルショップでは、商品の詳細などもご確認いただけます。
是非ご覧ください。
楽歩堂eショップ『生涯現役ウォーカー宣言』
https://eshop.rakuhodou.com/?tid=12&mode=f3

 

下記の実店舗では、採寸その他のご相談なども承っております。
ぜひお越しください。

 

取り扱い実店舗

 

大阪・京都・兵庫・福岡

 

東京・埼玉

新潟・栃木・群馬

 

▲扱い商品は、店舗によって異なる場合もございます。
お電話などでのご確認のうえ、ご来店されるのがオススメです。

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら

 

革靴の無料お手入れ相談会

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

 

今日は、梅雨の高崎タカシマヤ店でのワンシーンを書きます。

 

高崎タカシマヤ店ではRain goods & Parasol Collection といたしまして『革靴の無料お手入れ相談会』を行っていました。

 

スエードレザーの汚れ落とし↓

起毛タイプやハイテク素材のカラーリフレッシュ↓

スムースレザーのツヤだし↓

などなど・・・。

 

高崎タカシマヤ店の店長は、ケア用品の引き出しにいつも柔らかい布を用意しています。
この日も「俺が着ていたTシャツとか」をチョキチョキチョキ・・・

いわゆる『小さな手作りコットンクロス』です。

靴のお手入れに使う用途は

  • 水拭きに
  • 靴クリーナーでの汚れの拭き取りに
  • カラーリフレッシュでは余分な靴クリームの拭き取りに
  • 簡単な仕上げ磨きに
  • その他

*古着のコットンクロスは、鏡面仕上げにはあまり向いていません。

汚れ落としから磨きまで、とても便利です。

 

身近なリサイクルのワンシーンを見て、職場でありながら、家庭的な気持ちになりました。
私にとって楽歩堂は、そんな温かい部分も持ち合わせたお店でもあります。

 

高崎タカシマヤ店のご案内
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_takasaki-takashimaya.html

高崎タカシマヤ店フェイスブックページ
https://www.facebook.com/楽歩堂-高崎髙島屋店-1446399262056766

高崎タカシマヤ店ご予約フォーム
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_form.html?shop=shop_takasaki-takashimaya

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら

 

【前橋店】ドイツフェスティバルへプチ取材

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

 

ドイツフェスティバルを覗きに行った時のことを書きます。

 

6月28日(金)から6月30日(日)までの3日間、群馬県庁の1Fで、ぐんま日独協会主催の「第8回ドイツフェスティバルinぐんま」が開催されました。

「知ろう、楽しもうドイツの文化」をテーマに、ドイツに関する食品・物品の販売、ドイツに渡った日本文化に関するパネル展等が実施されるとのことでした。

 

ちょうど仕事の休みも重なったので、昼間の山散歩は早々に切り上げて、楽歩堂のブースを覗きに行きました。

 

前橋店ならではのアウトレットシューズがチラチラと並び、お店に行ったらどんな靴があるのかなぁ♪というワクワク感でそそられます。

楽歩堂各店でも人気のセミオーダーインソールが並び、商品説明からは『おもてなし』の心も伝わってきました。

便利に使える既製モデルのインソールは奥のテーブルに並び、「既製でもキチンとご説明いたします」という丁寧さも感じました。

デジタルスキャンで歩き方がわかる『歩行計測』も無料で行われていました。

30秒の計測後、動画で即チェックができます。

「不安定な歩行からインソールを使用すると、安定した歩行になるよ」という理想的な動きの見える化になるので、フムフムと頷けます。

(注意:イベント用のため、前橋店には常設されていません。)

 

インソールの効果がわかったところで、足とインソールについてなど、相談しながら選んでいけます。

インソールは足の土台ですものね。

 

「すみません、私、楽歩堂のスタッフブログを書いているのですが、後ろ姿だけでかまいませんので掲載させていただいてもよろしいでしょうか?」

「あははは(*´▽`*)いいですよ、ありがとうございます。」

「まぁ♡こちらこそありがとうございます。」

 

というわけで、前橋店で出店したドイツフェスティバルのプチ取材を終えました。

 

前橋店では、このフェスティバルに出店する際には、どのドイツシューズを持って行こうか等、あれこれ考えるそうです。

当社の社訓のなかに『すぐれたヨーロッパの足と靴の健康的文化を日本に定着できるように努力する。』という経営理念もあります。

今回のフェスティバルをきっかけに、多くの方々に、広くドイツの文化を知っていただけるのではと、とても嬉しく思いました。

 

前橋店のご案内
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_maebashi.html

前橋店フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pg/楽歩堂-前橋店-564597970395337

前橋店ご予約フォーム
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_form.html?shop=shop_maebashi

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら

シューケア用品 (FB投稿のワンシーン) 高崎タカシマヤ店にて

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

 

今日は、お仕事ブログを書きます。

 

百貨店にいる楽歩堂の靴販売員も、いろんな仕事をしています。

百貨店販売員として、楽歩堂社員として、また楽歩堂のなかでもいろんな役割をそれぞれに分担して、いろんな仕事をしています。

ある日、売り場で什器をガタガタと動かしている音がしました。

ディスプレイ替えかな?と思ったら・・・

おや♪

シューケア用品を撮っているぞ♪

撮り終わったらケア用品を片付けて

什器とディスプレイも元に戻して

パソコンをカタカタ・・・カタカタ・・・タタタ…タタタ…

フェイスブックページの原稿作成でした~♪

公開されたページはこちら


お気に入りのシューケア用品は、画像手前のブラシです。

私もシューブラシは長年愛用しています。

使い方

その1:玄関先でとりあえず毎朝ブラッシングするだけのササッとケア

その2:お手入れのためにホコリ取りにブラッシングするキチンとケア

その3:靴クリームを均一にするためのお手入れケア

その4:ツヤだし仕上のための磨上ケア

その5:その他

中でも今は、その1のとりあえずのササっとケアがお気に入りです。

ほんのひと手間ですが「今日もよろしくネ、靴くん」と意気もあがり、気持ちもいいからです。

皆様のお気に入りのシューケア用品は何ですか?

これからも、靴を大切に履いてくださいね♪

ではまた(^^)/

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら

花の群生地

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

先日は2日間の休暇があり、埼玉県と栃木県に行き、花の群生地を散策してきました。

埼玉県では、大霧山の麓に咲くポピーの群生地へ。


ポピー:ケシの仲間の総称で、多くはヒナゲシのことを指す。

秩父牧場のポピー見ごろ:5月下旬から6月上旬

 

赤や桃色、橙色に白、密になりポピーが絨毯のように、広がっていました。

舗装道路を少し歩くと、濃厚ソフトクリームも食べられる牧場や、関東百名山・埼玉百名山でもある大霧山への登山口から入山もでき、10㎞程度の散策も楽しめました。

★埼玉県の楽歩堂★

楽歩堂run&walk大宮店
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_oomiya.html

大宮店ご予約フォーム
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_form.html?shop=shop_oomiya

楽歩堂 伊勢丹浦和店
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_urawa.html

伊勢丹浦和店ご予約フォーム
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_form.html?shop=shop_urawa

 

栃木県では、高山の麓で、千手ヶ浜に咲くクリンソウの群生地へ。


クリンソウ:日本原産のサクラソウ科サクラソウ属の多年草。

千手ヶ浜のクリンソウの見ごろ:6月上旬から7月上旬

 

こちらは中禅寺湖の遊覧船か、徒歩で行くことができます。

龍頭ノ滝の駐車場に車を停め、自然を満喫しながら栃木百名山の高山からクリンソウ群生地へと、グルリと12~13㎞程度の散策を楽しみました。

★栃木県の楽歩堂★

楽歩堂 栃木本店
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_tochigi.html

栃木本店ご予約フォーム
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_form.html?shop=shop_tochigi

 

7月になったら、野反湖でノゾリキスゲの満喫ができたらいいな♡と考え中です。

 

この日の靴

LOWAレネゲードGT MID

★楽歩堂のモバイルショップ★

楽歩堂e-shop
https://eshop.rakuhodou.com/

LOWAレネゲードGT MIDご注文フォーム
レディースhttps://eshop.rakuhodou.com/?pid=142743907
メンズhttps://eshop.rakuhodou.com/?pid=142753355

山で出遭える生き物たち

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

今日は、これまでに山で出遭った生き物たちのご紹介をいたします。

山には、熊、ハブやマムシ、ヒル、その他、出遭いたくない生き物も沢山生存しています。
登山者は山にとってよそ者であるという考え方には私も賛同ですので、いつも「お邪魔します」の気持ちで入山します。
『人間界のものを持ち込まない、生き物たちの自然な姿を観察し、自然界のものを持ち帰らない』だそうです。

さて、里山などでは、猫に遭うことも多くあります。どちらかの飼い猫かもしれません。
少し深い山ではカモシカにも遭えました。
谷川岳ではテンに、高間山ではキツネかタヌキかモフモフ茶色い毛皮の動物に、他にもリスやサルに遭えた山もありました。



袈裟丸山:ニホンジカ
崇台山:白黒ブチ猫・クモの巣
物見山:トラ猫・キジ(画像なし)
金山:長毛の猫
庚申山:短毛グレーの猫・カラス・ハト・アゲハ蝶・黒い蝶々
赤久縄山:濃茶のカモシカ
高間山:薄茶のカモシカ
御荷鉾山:リス(画像なし)
谷川岳:テン(画像なし)・目玉模様の蝶々
尾瀬:川魚
鳴神山:カエル
笠丸山:ヘビ
三国山:ヘビ(画像なし)
草津からの帰り道:キジ
戸神山:ヤマガラ、
三峰山:きれいな色の鳥
鳴神山:オオルリ
八間山・鹿俣山:ハチ
笠丸山:キアゲハ
黒瀧山:茶色の蝶々

楽歩堂前橋公園:ハト

山で生き物たちに出遭えると、ウキウキ♪
生き物たちの写真が撮れると、ウキウキマックスです!
これからもドンドン歩いていこうと思います♪

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら