楽しい山散歩

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

今日は、山散歩での様子を書きます。

 

里山ハイク

里山とは「集落や人里に隣接した、人間の影響を受けた生態系が存在する山」だそうです。

山登りの括りとしては「標高1.000m以下の山」をいうこともあるようです。

標高差も小さく、身近な気持ちで、手軽に自然にふれることができます。

塩おむすびの、美味しいこと、美味しいこと!

写真は、三毳山で出会った5歳7歳の皆さんです。

山頂で「ヤッホー!!」


大人は静かに眺める(笑)。

高崎百衣観音周辺の遊歩道です。

 

探鳥ハイク

ヤマガラのさえずりについて調べると「ツツピーン ツツピーン」や「ツーツーピー ツーツーピー」と書いてありますが、私には「ビンビンピー ビンビンピー」と聞こえました。

「ビィービィービィー」と鼻にかかった鳴き声が、地鳴きだそうです。

人懐こく、人に飼われ、神社ではおみくじを引く芸を仕込んだそうです。

山によっては、手乗りで木の実を食べに来てくれます。

神山のヤマガラさんも何度も何度も来てくれました。

「今はお腹がいっぱいでも、木の枝などにしまっておいて、お腹が空いたら食べるんだよ。貯えること知っているから、お腹がいっぱいでも、何度も来るよ。」とのことでした。

三峰山にもキレイな鳥さんがいました。

 

雪見ハイク

雪の深山を見に行こう!

雪山を歩くには、アイゼンやピッケルやグローブや・・・雪山用の装備、装備のできる靴・・・準備だけでも専門的で難しそう・・・さらには知識と技術が・・・。

ですが、雪の深山を見に行くことなら、叶いそうですよね!

ところが雪道に遭遇することもあります。


山中!走りましたっ!

カメラの前でのみ、走りました!

 

小さなお子様や中高年層の方々も多く、私のようなセミシニアのリハビリハイカーでも、ソロで楽しく歩けるスポットでした。

ゴールデンウィークにいかがですか?

 

この靴で歩きました

~お求めは最寄りの楽歩堂へ~


(川西モザイクボックス店Facebookページ掲載写真よりhttps://www.facebook.com/1604955459746989/photos/pcb.2256947911214404/2256946677881194/?type=3&theater

LOWAミッドカットタイプの取り扱い店舗

大阪・京都・兵庫・福岡
●run&walk阪急うめだ店
https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_umeda.html
●川西モザイクボックス店
http://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_kawanishi.html (OUTLET常設)

東京・埼玉
●ザ・ウォーキングカンパニー 小田急ハルク店
http://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/halcsports/floorguide/irp5la0000005f64-att/halc_b01.pdf(小田急ハルク内の店舗場所)

新潟・栃木・群馬
●新潟店 https://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_niigata.html
●高崎本店 http://www.rakuhodou.com/shop_info/shop.html

*扱い店舗や商品内容は、その時々で変更になる場合もありますので、お近くの楽歩堂にお問い合わせください。

LOWAで歩く花ハイク

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

春爛漫ですね(*´▽`*)
山々は雪化粧ですが、里山は浅春から花が咲き始めるので、心が躍ります。
冬枯れの明るい尾根道で、ポカポカと歩いたり一休みしたりは、至福の遊び場です。

この春に里山でみつけた花々をご紹介します。

桐生市の八王子丘陵にある“ぐんま百名山”の『茶臼山』では、水仙がツンと元気に咲いていました。

“ぐんま百名山”でもある石尊山など三連峰を頂く『安中アルプス』では、梅見ハイクが楽しめました。

河津桜を眺め、

それからホトケノザも咲いていました。

絶滅危惧植物の二ホンオキナグサは、日本一きれいなハイキングコースを目指していると噂の『富岡アルプス』で、海老茶色の花びらが開き始めていました。

ハナニラは、『宮崎公園』で元気に咲いていました。ハナニラの花言葉は「星に願いを」だそうです。

これから暖かくなって、桜、ツツジ、菖蒲、キスゲ・・・と続く花盛りシーズンの到来に心ウキウキです。

工房しごと見学

楽歩堂ファンの皆様こんにちは。

今日は、工房しごとの話を書きます。

一般的に「靴屋の工房しごと」と聞くと、まず靴の踵やつま先の部分など修理が思い浮かぶそうです。

 

他にも、ファスナーやベルクロの交換、踵部分の内側(腰裏)の修理、防水加工や革のメンテナンス、中敷きの製作や調整、その他・・・。

私も多少のお手伝いはしますが、ほとんどが未知の領域です。

その上、経験に勝るものはないといったこの世界観!

仕上がった靴を見て毎回感動しています。

下の写真は、靴底の形状加工のbefore・afterです。同色同サイズを並べました。

パッと見ではわからない、けれどよくわかる、この凄さ!

ここにいられる幸せを感じてしまうくらいの感動です!
 

次は踵のすり減り修理のbefore・afterです。

一目瞭然です!

「あぁ、これで靴も身体もまっすぐに立てる、無理なく歩ける、靴も長持ち。よかったね、お客様。本当によかったね、お客様。」

靴の仕上がりを見ると、いつでも胸がいっぱいになります。

小鮒店長、山田さん、撮影協力ありがとうございました。

撮影場所:楽歩堂 前橋店http://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_maebashi.html・他

LOWAで岩峰にチャレンジしてきました!

楽歩堂ファンの皆様こんにちは!

今日は、新しくおろしたハイキングシューズ〝ドイツの信頼度NO.1ブランドLOWAの『レネゲード GT MID ウィメンズ』〟で岩峯にチャレンジした日のことを書きます。

ぐんま百名山の『大桁山』を登頂し、2座めに『鍬柄岳』という岩峯の山頂広場を目指します。

山頂広場では、360度の眺望が待っています。

さて、100m続くこちらの鎖場は、足場もしっかりしていて登りやすいと定評もあるそうです。

なかなかの高度感もあり、ミニスリルを楽しむこともできました。

山頂広場では腰を下ろして、荒船山を眺めました。

赤城山方面です。

360度の眺望を満喫したら、下りも慎重に(>_<)

この日に感じたのは、『レネゲード GT MID ウィメンズ』のアウトソールのグリップ力です。

特にフカフカの落ち葉が積もる下り坂では、心強く頼りがいのある安定性を感じました。

怖くてしゃがみ込んで(滑り台をしゃがんで降りるような姿勢で)下ったような坂道で、少しだけ腰を上げられたり、ストックを使ってじんわりと歩いていたような坂道で、少しだけ歩行スピードを上げられたり、いろんな可能性を体験することができました。

LOWAでの岩峰チェレンジは大成功でした。

LOWAミッドカットタイプの取り扱い店舗
高崎本店http://www.rakuhodou.com/shop_info/shop.html
川西モザイクボックス店http://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_kawanishi.html

*扱い店舗や商品内容は、その時々で変更になる場合もありますので、お近くの楽歩堂に、お問い合わせください。

元旦は展望の『鍋割山』へ

雪の登山道をザクザク歩き、眺望も満喫してきました。
5~6月にはツツジ類が見ごろとなる荒山高原も、静かな雪景色でした。

後ろは荒山と、その奥に地蔵岳です。 ↓

左手には、広がる関東平野を一望です。
筑波山やスカイツリーも見えましたよ(*´▽`*) ↓

目の前には浅間山! ↓

贅沢な景色を堪能しつつ、新年を慶びました。

今年もよろしくお願いいたします。

新しい靴で、ぐんま百名山の『小沢岳』へ

前回は、新しい靴をおろしたところまでを書きましたが、今日は、その日の続きを書きます。

早速、靴に中敷きをセットし、足を入れ、泥除けのカバーもかけて、テクテク歩きました。

靴が変わって1番に思ったことは、急坂の登りが楽!ということでした。

今までなら軽石に滑るなどして足場の不安定になりがちな斜面でも、ザクザクと登って行けたからです。

靴が変わると、歩ける場所が多くなるんだ!ということを実感できました。

なんて幸せなことでしょう!

靴は人をいろんな場所へと運んでくれて、靴は人の世界を広げてくれる道具でもあります。

もっと色々なところへ行けるかもしれないという期待も膨らみました。

さらには、もしかしたら本当はもっと本気の力があるはずだったのでは?などと、木に上る猿のような盛り上がり様でした。

また、このことから、日頃の接客において、お客様のご要望をしっかりとキャッチすることの大切さを思いました。

お客様の世界が広がるかもしれない、そのお手伝いをする仕事に就いていられることに、感謝しました。

小沢岳山頂からの眺望を満喫しながら、なんだか胸がいっぱいな時間を過ごしました。

おまけ

綺麗な稜線歩き


ゴアテックスなので、沢もへっちゃら


登頂記念

靴を新しくしました♪

新しいハイキングシューズは、
ドイツの信頼度NO.1ブランドLOWA
『レネゲード GT MID ウィメンズ』にしました。

オール・テレイン・クラシックは、全地形対応シューズです。
とても多くの場所や条件で活躍する、マルチファンクションシューズのコレクションです。
見た目にもスマートなモデルを揃えているため、ヨーロッパで大変高い支持を得ています。

このシリーズは、丈夫で長持ちする素材でつくられています。
アッパーには、ヌバックレザーと足首周りにクッション素材を用い、柔らかく軽快感があります。
軽快でありながら足のホールド感を確保したミッドカット構造の性能と、悪天候に対応するゴアテックスとなっております。

ソール部分は、密度の異なるPU素材を組み合わせる製法により、モノラップ構造と呼ばれるサポートフレームを備えています。

着地時の安定性を高めながら、衝撃吸収性をも高めることで,歩行性能を高めているというわけです。

日常使いから、ウォーキング・ハイキング・ロングトレイル(登山)にも対応します。

モデルチェンジを繰り返しながら長年にわたりベストセラーモデルとして在り続けるブーツです。


撮影場所:学芸大学店 http://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_gakugeidai.html (Facebookページより)

インソール

さらに、この靴に合わせ、楽歩堂オリジナルのオーダーインソールで、足の裏にも合わせました。

足裏から全身へのバランス連動で、姿勢を安定させていきます。

インソールの役割

  • 低下したアーチを支え、クッション機能を回復します。
  • 衝撃を足裏全体に分散し、局所的な負担を軽くします。
  • 低下したアーチを持ち上げ、崩れた骨格を矯正します。
  • 足裏バランスを整え、正しい歩行に導きます。

楽歩堂通信~あしとココロが「ほっ。(ho)」とする情報カタログ~vol.1より

楽歩堂の靴だけでなく、お手持ちの靴・・・ビジネス、パンプス、ウォーキング、ランニング、作業靴、子ども靴など、様々な靴に、インソールを作ることができるんです。
お店では、フット&シューマスターがお見立てし、腕利きのインソール職人によって仕上げていきます。
お近くの楽歩堂へ、ご希望の靴をお持ちになり、ご相談くださいね。

撮影場所:前橋店 http://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_maebashi.html

早速、山でパチリ☆
最初の一歩です。
うん(*^-^*)いい感じ♪

次回のブログで履き心地のレポートを書きたいと思います。
では、本日これにて。

LOWAミッドカットタイプの取り扱い店舗
高崎本店 http://www.rakuhodou.com/shop_info/shop.html
川西モザイクボックス店 http://www.rakuhodou.com/shop_info/shop_kawanishi.html

*扱い店舗や商品内容は、その時々で変更になる場合もありますので、お近くの楽歩堂に、お問い合わせください。

山小屋での靴の置き方

山小屋に泊まると、同じような登山靴がズラ~ッと並ぶそうです。
「だからね、迷ったり間違えたりのないように印を付けるといいよ」と登山家さんから習いました。
ですので、こう置きました。

中敷きを外して左右の靴の間に挟みました。
こんな置き方をする人はいませんでしたし、オーダーの中敷きなら無二ですもの(笑)。
もちろん迷うことも間違うこともありませんでしたし、とても気に入ったので次回からもこう置くつもりです。

この日のコース:秋の尾瀬ヶ原→山小屋泊→翌日は至仏山登頂

靴:ザ・ウォーキングカンパニー
中敷き:㈱楽歩堂

面ファスナーについて考えてみた:高崎タカシマヤ店にて

ある日お客様から「面ファスナーが甘くなってしまったのよねぇ」とご相談がありました。
*普段は「ベルクロ」と言ったりしますが、商品としての「ベルクロ」には特許があるそうなので、念のため今回は「面ファスナー」と書きます。

(蜂須賀店長が面ファスナーの強度チェックをしているところ)

新しい面ファスナーに交換することになったのですが、ちょっと面ファスナーについて考えてみたくなりました。

昔は「面ファスナー・マジックテープ・ベルクロ・・・」と聞くと微妙な気持ちになりました。
特に五十路世代以上の私たちには、介護のようなイメージが・・・。
けれど近年では、面ファスナーの人気は高まっているようです。

①ボタンホールが大きくなってしまうような心配もなく、ファッションの妨げにならない
②脱ぎ履きの時短になる
③修理価格の安さ
④ソックスの厚さやむくみなど、微妙な調節が可能で、足にとって大きなメリットである
⑤その他

それから、若者にとっては、なんと!

⑥レトロ可愛い!

だそうです。

なるほど(^^♪
世代によって、見方や価値観が変わるのですね。

それにしても「レトロ可愛い」とは気に入りました!

楽歩堂オリジナルのレトロ可愛い(www)シューズたちの写真も掲載いたします♪


(楽歩堂高崎タカシマヤ店:ツワブキⅡコーナー)


(楽歩堂通販eショップ:アルマ)
http://eshop.rakuhodou.com/?pid=127149867

秋のおでかけ:気づくといつも同じシャツと同じ靴(笑)

楽歩堂ファンの皆様こんにちは。

今日は、秋のお出かけ話を書きます。

埼玉県秩父郡長瀞:月の石紅葉公園(紅葉がキレイ!)

群馬県高崎市鼻高町:少林山達磨寺(一番上の駐車場付近に古墳もある!)

群馬県富岡市妙義町:妙義山パノラマパーク(妙義山をバックに四季の撮影が楽しめる!)

群馬県みどり市大間々町:ながめ公園(菊花大会期間中もオススメ)

 
 

なんといつも同じシャツと同じ靴を履いていました。

ウケる!

靴は、楽歩堂オリジナルのFlowly01(フローリー01)です。

当時は、巻き爪改善にチャレンジしていたので尚更です。(巻き爪は無事に改善しました。機会があれば後日掲載します。)

毎年発売される新色を楽しみにされる方も多く、人気№1のウォーキングシューズでもあります。

毎年新色が買いたくても、靴が長持ちするので(素材と製法にもこだわり有り)、色は妥協せずに選ぶのも裏技のひとつです。

ただし靴は消耗品ですので、メンテナンスも必須です。

私も、今年もまたこの赤いフローリーで秋を味わって来ますね(^_-)-☆

楽歩堂のネットショップ『e-shop』でもご購入いただけますので、URLを掲載しておきます。


http://eshop.rakuhodou.com/?mode=cate&cbid=885544&csid=0