面ファスナーについて考えてみた:高崎タカシマヤ店にて

ある日お客様から「面ファスナーが甘くなってしまったのよねぇ」とご相談がありました。
*普段は「ベルクロ」と言ったりしますが、商品としての「ベルクロ」には特許があるそうなので、念のため今回は「面ファスナー」と書きます。

(蜂須賀店長が面ファスナーの強度チェックをしているところ)

新しい面ファスナーに交換することになったのですが、ちょっと面ファスナーについて考えてみたくなりました。

昔は「面ファスナー・マジックテープ・ベルクロ・・・」と聞くと微妙な気持ちになりました。
特に五十路世代以上の私たちには、介護のようなイメージが・・・。
けれど近年では、面ファスナーの人気は高まっているようです。

①ボタンホールが大きくなってしまうような心配もなく、ファッションの妨げにならない
②脱ぎ履きの時短になる
③修理価格の安さ
④ソックスの厚さやむくみなど、微妙な調節が可能で、足にとって大きなメリットである
⑤その他

それから、若者にとっては、なんと!

⑥レトロ可愛い!

だそうです。

なるほど(^^♪
世代によって、見方や価値観が変わるのですね。

それにしても「レトロ可愛い」とは気に入りました!

楽歩堂オリジナルのレトロ可愛い(www)シューズたちの写真も掲載いたします♪


(楽歩堂高崎タカシマヤ店:ツワブキⅡコーナー)


(楽歩堂通販eショップ:アルマ)
http://eshop.rakuhodou.com/?pid=127149867

 

■楽歩堂オフィシャルサイトはこちら
■楽歩堂 e-shopはこちら